HOMEへ柄箔とは作品紹介会社概要お問い合せ
   

 

 制作された柄箔は、1枚の紙です。細かく裁断して糸状にし帯などに織り込み柄が出来上がります。またレザーやタイル、強度をもたせた壁紙など、あらゆるもののデザインに利用されています。
(株)白井柄箔匠では、機械化で量産するのではなく、≪手技≫にこだわり、伝統を守りながら品格高い柄箔を作り続けております。
佐賀錦の「たて糸」のご注文承ります。詳しくはお問合せ下さい >>
 
 
 ■衣装
柄箔紙国内外を舞台に活躍する衣装デザイナー 時広真吾さんのデザインされる衣装にも 、柄箔が使用されています。
荘厳で華麗な独特の世界観の中に、京の伝統が生きているのです。
  ページTOPへ△
 ■柄箔紙
柄箔紙さまざまな工程・技を経ていわゆるクラフトペーパーとして、柄箔は完成します。
完成品を見るとわかるように、模様はさまざま。帯の完成品を想定して規則的に模様がつけれられるものもあれば、ランダムに浮き出た模様を楽しむものもあります。
  ページTOPへ△
 ■西陣織
西陣織さまざまな工程を経て完成する西陣織。
その原材料の1つが“柄箔”や“金・銀箔”です。紙として仕上がった柄箔は、細く裁断し糸状に加工され西陣織では「よこ糸」として織り込まれます。織りあがった帯には、柄箔の模様が浮かび上がってきます。
よこ糸が柄箔です。
  ページTOPへ△
 ■佐賀錦
佐賀錦佐賀県の“佐賀錦”です。ここでは西陣織と違い柄箔は「たて糸(たて紙)」として使われます。小さな織台で、少しずつ織進めていく佐賀錦は、豪華絢爛な中にも繊細な上品さがあります。
たて糸が柄箔です。
  ページTOPへ△
 ■柄箔レザー

柄箔は、現代のアイテムにも利用されています。
箔引きはベースを変えることによって、さまざまなものとコラボレーションすることが可能な技術。ベースをレザーに変えて、財布、名刺・定期入れなどに加工すれば、新しい中にも伝統が息づく作品が生まれます。

 
レザーへの加工は立体的に仕上がります。
  ページTOPへ△
 ■壁の装飾
壁の装飾素材の紙を活かして壁紙として、インテリアアイテムとしても利用できる柄箔ホログラム的な使い方でお部屋のアクセントにも活用できます。
  ページTOPへ△
 ■タイル
タイル硬い素材にも加工することが可能です。タイルのほか、金属・木材など表面に摩擦のないものにも、柄箔を利用することが出来ます。
  ページTOPへ△
Copyright (C) SHIRAI Garahakusho Co,. Ltd. All Rights Reserved.